院長

ご挨拶

院長紹介画像1

目黒本町ウィメンズクリニックのホームページを訪れていただきありがとうございます。
院長の田中智子と申します。
2021年4月、目黒区の目黒本町という場所で産婦人科の小さなクリニックを開設いたしました。
私は香川大学の医学部を卒業し、卒後2年間の初期臨床研修を経て産婦人科としての道をスタートしました。産婦人科は、女性という限りはありますが出生から(もっと言えば生まれる前から)老年期まであらゆるステージにある方々に関わることができます。それが産婦人科医としての人生を選択した理由の一つです。
初期研修医を終了後、産婦人科として複数の職場でやりがいと誇りをもって仕事にまい進してきました。常に患者様と正面から向き合い、可能な限り患者様のそばに寄り添う、それが私の信念です。

産婦人科は産科と婦人科それぞれにおいて、女性のあらゆるステージに大変大きな役割を果たすことができる診療科です。
出産という人生の中で大切な時間にも沢山立ち会うことができました。同時に出産には困難や悲しみも時に伴うことも経験してきました。また婦人科ではがんの治療や、良性であっても日常生活に支障をきたす患者様の治療にあたってまいりました。
これらすべての経験が、医師になって十数年たっても変わることなく私に命の尊さを教え続けてくれています。
今後もこれまでの経験を活かし、患者様と正面から向き合い、お一人お一人とのかかわりを大切に、誠実に真摯に医療に取り組み続けていきたいと思っております。
そして、スタッフとともに地域の皆様に信頼されるクリニックを目指してまいります。

2019年後半から2020年は新型コロナ感染により世の中が大きく変動いたしました。そしていまだ先行き不透明な状態が続いておりますが皆様に安心して受診いただけるよう感染予防対策を万全に整えてまいります。
院内についても、少しでも患者様が居心地よく感じていただけるよう、清潔感あふれる工夫をいたしました。ぜひお気軽にお越しください。
当ホームページにはかわいいイラストもちりばめております。併せてお楽しみいただければうれしいです。(イラストレーターは私の18歳の姪です)

目黒本町ウィメンズクリニック
院長 田中 智子

略歴

院長紹介画像2
  • 香川大学医学部卒業
  • 多摩北部医療センター 初期臨床研修医
  • 東京都立府中病院(現多摩総合医療センター)後期臨床研修医
  • 神奈川県立こども医療センター 医員
  • 東京都立大塚病院 医員
  • 東京都立広尾病院 医長

資格

  • 日本産科婦人科学会 専門医 指導医
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期専門医
  • 日本周産期・新生児医学会NCPRインストラクター