更年期症状とは

更年期相談画像

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳と言われ、閉経を挟んだ前後5年間(45~55歳)の年代を更年期と言います。この時期は少しずつ卵巣の機能が低下しはじめ、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少していきます。
エストロゲンは月経や妊娠機能のほか、乳房や性器の成熟、女性特有の体の働きを制御しています。したがって更年期にエストロゲンの分泌が急激に低下することによってさまざまな症状が現れてきます。これを更年期症状と言います。

症状

更年期相談画像2

様々な身体的、精神的な症状があり現れ方は人によって様々です。
何も感じないほど軽度なこともあれば、日常生活に支障をきたすほど重度なこともあります。後者の場合を更年期障害といいます。
しかし、更年期症状だと思っていても陰に重篤な疾患が隠れていることもあるため最初から決めつけることなく丁寧な問診や必要に応じて検査を行うことが必要です。

身体の症状

頭痛、めまい、ほてり・のぼせ、動悸、寝汗・発汗、むくみ、月経異常、尿失禁、性交痛、喉の渇き、ドライアイ、関節痛、しびれ、冷え、肩こり・腰痛、吐き気、下痢・便秘、胃もたれ、胸やけ など

こころの症状

イライラ感、不眠、不安感、うつ、意欲の低下、もの忘れ など

検査

更年期障害ではエストロゲンの急激な低下が起こるため、血液中のエストロゲンやゴナドトロピン(卵巣刺激ホルモン、黄体形成ホルモン)の濃度を測定します。
更年期症状は多岐にわたります。実は重篤な疾患が隠れている可能性も否定できないため問診と検査の結果から必要に応じて検査を追加いたします。

治療

更年期障害には、エストロゲンの低下による身体的な変化だけではなく、心理的な状況、生活環境や個々の性格など様々な要因が関係します。
そのため、カウンセリングや食事・運動などの日常生活改善のご提案、漢方薬、ホルモン補充療法などの治療を単独、もしくは組み合わせて行います。

ホルモン補充療法はエストロゲン低下に伴い出現する様々な症状に対して行います。
一方でエストロゲンに依存する病気(乳がんや子宮体がん)や血栓症などがある時は投与できません。

目黒本町ウィメンズクリニック
名称
目黒本町ウィメンズクリニック
TEL
03-3792-7877
住所
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町2-4-19-1F
診療科目
産婦人科
院長
田中 智子
駐車場
一台分有り
アクセス
学芸大学駅 より 徒歩12分
武蔵小山駅 より 徒歩16分
清水庚申バス停 より 徒歩1分
目黒郵便局バス停 より 徒歩2分
WEB予約はこちらから
受付時間
9:00~12:00
14:00~18:00

・・・第1・3・5日曜のみ。
※受付終了は各診療時間終了の30分前(日曜日の受付は診療時間終了の15分前)
休診日:水曜、祝日

03-3792-7877 WEB予約
このページの上へ